2月14・15日の二日間、東京ビッグサイトで開催されたマーケティングテクノロジーフェアでは、多くのMA (Marketing Automation)やABM(Account Based Marketing)関連の出展やセミナー講演が行われました。
オンラインメディアでのMarketing Automation関連の製品・講演の取り上げられ方をピックアップしてご紹介するとともに、その中でも注目をあびた製品を取り上げた記事なども紹介します。

 

【速報レポート】マーケティングテクノロジーフェア2017

BtoB Marketingの実践支援メディア “One Marketing”による、マーケティングテクノロジーフェアの速報レポート(全2回)です。

Marketing Automation, コンテンツマーケティング、Account Based Marketingなどいくつものバズワードが生まれ、企業のマーケティング担当者の関心が高い分野ですが、一方で、実際にツールを導入しようとすると、「ツール選定方法がわからない」、「どのように運用していくとどの程度の効果が期待できるかわからない」などの、疑問点がわいてくる分野でもあり、セミナー講演では、その分野の専門家からの事例も含めた解説が人気を博していたようです。

マルケト社小関氏の講演での「(ツールベンダーでありながら)ツールに踊らされてはいけない」と断言していた講演や、セールスフォース・ドットコム社の講演における、マーケティング担当者に対する営業担当者が抱える不平・不満の具体例の紹介など、大手ベンダーも運用や具体的な事例ベースの講演をしていた様子を紹介しています。

また、HAPPY ANALYTICS小川卓氏による「コンテンツマーケティングを分析して改善するための手法と事例」では、成果が出るまでに時間のかかるコンテンツマーケティングについて、具体的な成長ステップや指標の設定例など、具体的にどのようにコンテンツマーケティングに取り組むべきかの解説してくれている様子や、Content Marketing institute社のジョー・ピューリッジ氏による「コンテンツマーケティングには、最低でも一年は時間が必要」などの、この分野に関わっている担当者であれば、来年は参加したくなるような講演の紹介がいろいろされています。

 

SATORIのマーケティングテクノロジーフェア出展・セミナー講演

上述のOne Marektingの速報レポートでも取り上げられていますが、設立15ヶ月と設立間もない企業ながら、中小企業を中心に数多くのクライアントを抱えるSATORI社代表・植山浩介氏も、セミナー講演をしています。

SATORI社のツール「SATORI」のデモもしながらではありますが、MAツール運用のポイントの紹介として、MAツール利用の中級編のような内容を説明してくれたようです。
・MAのスコアリングをシンプルかつ応用可能にするキラーコンテンツの紹介
・外部サイトの利用する裏技など
Marketing Automationの基本的な内容はすでに把握している人にも、勉強になるコンテンツが盛りだくさんだったようです。

 

パーソナライズド動画をもっと身近に!IBSが「personalize me」を開発した狙いとその真価

動画マーケティングの最新情報メディア movieTimesによるインタビュー記事です。ローンチしたばかりのパーソナライズド動画サービス「personalize me」を紹介するセミナー講演をマーケティングテクノロジーフェアでも行って、CTRやCVRを飛躍的に伸ばす次世代のマーケティングツールとして注目を集めていたようですが、そのサービス開発担当者にインタビューして、「personalize me」の独自技術や活用方法について紹介しています。

「パーソナライズド動画」とは、動画素材や画像、テキストなどを組み替えて、視聴者一人ひとりに合わせて内容をカスタマイズできる動画の配信サービスのことを指しますが「personalize me」は、高品質で豊富なテンプレートと、可変部分の自由度が大きいこれまでの同種のツールと比較しても作り込まれた、使えるツールと紹介しています。

「動画マーケティング」全体がホットな分野ですが、その中でも、BoB向けにパーソナライズした動画を配信してマーケティングすることに関心がある方は、検討してみてもよい分野と製品かもしれません。