11/16から18までにパシフィコ横浜で開催された ET2016/IoT2016。
30年前から「JASA (組込みシステム技術協会)」主催の組込み技術の展示会として開催されてきましたが、ET展と新設のIoT Technology展を同時開催することで、自動車、医療、インフラ等、あらゆる産業で求められている双方の最先端テクノロジーとソリューションを提案する場となったET/IoT総合技術展を紹介します。

MONOist ET/IoT2016特集

ET/IoT 総合技術展 公式サイト
ITmediaのモノづくりスペシャリストのための情報ポータルMONOistで、ET/IoT2016の直前情報から速報、レポートをとりあげた特集が組まれています。公式サイトと合わせてご覧いただくことにより、展示会の様子がわかります。
以下では、その中でも、目につくポイントをご紹介します。

 

ET/IoT Technology AWARD 2016

IoT Technology優秀賞に選ばれた「SaltySter 5.0」は、エッジコンピューティング向けのミドルウェア。IoT時代のひとつの注目技術分野に「エッジコンピューティング」があることを再認識される受賞です。

エッジコンピューティング
エッジコンピューティングは、クラウド内のサーバーなど中央でコンピューティング処理をするクラウドコンピューティングに対して、端末の近くでコンピューティング処理をすることを意味します。これまでにも、Webパフォーマンスの向上を目的として、CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)などで利用されてきましたが、IoTで利用されるエッジコンピューティングの特徴としては、IoTデバイスが生み出した膨大なデータを、クラウドに単に集約することなく、IoTデバイスに近い場所で分析処理することにあります

また、JASA特別賞を受賞したスタートアップであるNextDrive社の、世界最小クラスのIoTゲートウェイNextdrive CubeはねACアダプター不要で設定が簡単、積み木式の拡張機能をもちスマートホーム、ホームセキュリテイ等の幅広い応用が可能となる製品として高い評価を得ています。

 

IoT時代の組み込みシステム開発はどう変わる? 求められる新たな要素とは

経済産業省 商務情報政策局 情報処理振興課 課長の滝澤豪氏が登壇。
「組み込みシステム産業の課題と政策展開について」をテーマに、IoTや組み込みシステムなどIT産業に対する政府施策と今後の発展に向けての取り組みを紹介しています。たとえば、IoTの経済への大きなインパクトを背景に、政府が進めている支援策として「IoT推進ラボ」の活動のほか、IoTに関わる投資が難しいという声に対する対応策など。