2月14日、Googleはリレーショナルデータベースでありながら、水平的に拡張可能で高可用性を実現した、ミッションクリティカルな用途にも利用できる分散データベースサービス「Cloud Spanner」のパブリックベータサービスを開始しました。
いまnoSQLと検索すると、この記事が上位に並びますが、どこが話題になっているか、またnoSQLのトレンドを紹介します。

Googleがグローバルな分散データベースCloud Spannerをローンチ、SQLとNoSQLの‘良いとこ取り’を実装

Cloud Spannerは、noSQLとRDSの「いいとこ取り」のサービスと紹介されてもいますが、ミッションクリティカルなアプリケーションのための、グローバルな分散データベースのサービスでもあるとのこと。

Cloud Spannerが「いいとこ取り」と紹介されるのは、従来的なリレーショナルデータベースとNoSQLデータベースの両方の長所を取り入れていて、トランザクションの一貫性(整合性)とクラウドの分散環境を利用した水平的にスケール拡張できることの両方を実現しているところからきています。
つまり、MySQLやPostgreSQLなどのデータベースでスケールの限界にぶつかっている開発者が、既存のSQLを使い続けつつ、その性能の限界を乗り越えることを可能にするデータベースのサービスということから、注目されているわけです。

 

「Google Cloud Spanner」発表。地球規模の大規模分散環境で稼働するミッションクリティカルなリレーショナルDB。NoSQL並のスケーラビリティでSQL対応、トランザクション処理を実現

こちらは、EnterpriseITとクラウドコンピューティングのオンラインメディア “Publickey”のCloud Spanner発表に関する記事です。

Google Cloud Spannerは、地球規模の大規模分散処理データベースとして、NoSQL並の非常に高いスケーラビリティと高い可用性、そして高速な処理を実現しつつ、SQLに対応。強い一貫性を持つトランザクション処理も実現。企業のミッションクリティカルな業務にも使えると紹介しています。

万が一どこかの地域のデータセンター群が失われたとしても、全体としては稼働し続けられる高い可用性を、地球的規模での高速なプライベートネットワークをGoogleが構築することで実現しています。

 

IoT時代のデータストア–躍進するNoSQL、拡張するRDB

ZDNetでのnoSQLとはどのような技術なのか、基礎的な紹介をしている記事ですが、「RDBの逆襲」と題して、MySQLやPostgreSQLがJSON型をサポートし始めたことなどの既存のRDBのnoSQL的な機能の取り込みが進んでいることも紹介しています。

DWH (Data WareHouse)向けのRDBなどというものもあり、データベースもさまざまな用途向けのいろいろな特徴をもった製品が数多くなってきていて、ビッグデータの処理に対応するためのこれからも新しい技術と製品が出てくる分野でありそうです。