「デジタルコンテンツEXPO」。2016年10月27日から30日に、東京都・日本科学未来館で開催された展示会。それほど知られていない展示会ですが、世界最先端のコンテンツ技術をテーマにした国際イベントで、VRやAIなどの目白押しです。近い将来に実現するかもしれない最先端技術のオンパレード。美しい展示、面白い作品、数々のVR体験など、他にあまりない一挙集結する場です。

 

デジタルコンテンツEXPO 2016レポート~(5-1)完全保存版

それぞれの展示の10秒動画なども含めて紹介してくれています。
・LED光源の立体画像が全周360度から観察可能「fVisiOn」
・「東京大学 苗村研究室」さまの、立体的な空中映像
3D用のメガネをかけなくても立体的に3D映像が見える技術です。しかも、360度どこからでも対象の姿を見ることができるので、本当にそこにものがある感じになります。

Unlimited Corridor
「視触覚リダイレクション」を利用し、現実世界の曲がった壁に触れると同時にVR世界で平面の壁を表示させることで、あたかも平面の壁に触れながら直進している感覚を生じさせるシステムです。広大なVR空間を歩く体験を狭いトラッキングスペースでも実現可能にするVRシステムでする

失禁体験装置

体験者にまるで失禁をしてしまったかのような感覚を提供するVRシステムです。本デバイスのシステムは腹部に装着した圧迫機構により膀胱を圧迫し尿意を感じさせ、椅子に取り付けた水袋にお湯を流すことにより失禁時の尿の温かさや水流を感じさせます。そのほかにも股間部へスピーカーによる振動を与えることで排尿時の尿道の振動を再現したり、首筋へ振動と冷感を与えることで排尿時の身体の震えを再現します。学生たちの発案のシステムとのことですが、Innovative Technologies2016 特別賞を受賞している展示です。

 

AIによる白黒写真の自動色付けシステム

人工知能(AI)技術の一つであるディープラーニングを用いて白黒写真をカラー写真に自動変換する技術で、こちらもInnovative Technologies2016 特別賞を受賞しています。