技術的な課題を解決できるオープンなプラットフォーム

関連サイト記事の紹介(アーカイブ)

  • HOME »
  • 関連サイト記事の紹介(アーカイブ)

過去の関連サイト記事の紹介です。

仮装通貨だけではないブロックチェーン技術の可能性をオンラインメディアの記事から(9/24)

ビットコインに関する記事もさまざまなメディアによく取り上げられていますが、そのビットコインをささえる技術であるブロックチェーン技術に関する話題も、仮想通貨に限らず結構目にするようになってきました。自動運転、シェアリングエコノミー、さまざまな分野への適用の可能性がとりあげられている「ブロックチェーン技術」。ブロックチェーンとは何か、何が革新的でなぜ仮想通貨以外にもさまざまな分野にも適用できる可能性があるのか、ブロックチェーン技術を使った開発を行う環境はどこまで用意されつつあるのかなどWeb上のさまざまなサイトからピックアップして紹介します。

関心の高まる「電子決済」。最近のメディアでの注目分野とは(9/17)

電子決済に関連した記事がメディアでよく取り上げられていますが、しばらく前のフィンテック・ビットコインなどのキーワードから連想される分野から注目される分野が変化してきているようです。中国で爆発的にのびているQRコードを利用した電子決済、2020年の東京オリンピックでのインバウンド対応もあり日本での電子決済を大きくのばそうという政府の方針もあり、QRコードを利用したものを中心にさまざまな電子決済サービスが登場してきています。また、ブロックチェーン技術を利用した仮想通貨も、自動運転のエコシステムの一部として取り入れられようとしているなど本格的な利用分野の検討がさまざまな分野で始まっているようです。

最近のIoT事例にみるIoT成功のポイント(9/9)

IoTに注目が集まる中、単にIoTを行ってみたということだけでなく、顧客がIoTによってどんな利益を享受できるか、日々の課題をどう解決してくれるかをコミュニケーションデザインまで踏み込んで設計して効果を出している事例も出てきました。コカコーラのIoTマーケティング「Coke On」、沖縄のスマートゴミ箱などのレポートを紹介するとともに、IoTのプラットフォーム選択のポイントを紹介しているオンライン記事をご紹介します。

最近のメディア記事からビッグデータの注目利用分野をみる(9/2)

Google Trendでみると「ビッグデータ」がバズワードとして検索されたピークは2013年。そのあと検索される数はすこしずつ減少してきたものの、この一年はまたすこしずつ増えています。「ビッグデータ」にかんするニュースをGoogleで調べてみると、ビッグデータ分析のさまざまな分野への利用に関する記事が目につきますが、実際にいろいろな分野でビッグデータが利用されるようになってきているのが感じられます。そのようなビッグデータ利用に関するオンラインニュースの中からピックアップして紹介します。

人工知能は何か、われわれに何をもたらすか、結局は学習し続けられること(8/26)

日々、新聞に取り上げられ続ける人工知能。しかし多くの技術者でもなく、プログラムを書いたこともなく、人工知能やディープラーニングの技術に直接ふれたことがない人たちにとって、人工知能が何で、自分たちの仕事や生活にどのように影響を与えるかがやはりイメージしにくい。それで最近、オンラインメディアでも、人工知能の単なる技術解説や事例紹介ではなく、人工知能がわれわれの仕事にどのような影響を与えるかを解説してくれる深堀した記事が目につくようになっています。
その中からピックアップして紹介するとともに、人工知能が浸透していく10年後の世界でわれわれに必要とされることが見えつつあると感じたところにもふれたいと思います。AIは新しいリテラシーのひとつとなっていき、われわれは学校を卒業したあとも死ぬまで学習しつづける姿勢が重要になっていくようです。

クラウドへ邁進するマイクロソフトと「インテリジェントエッジ」(8/20)

いまだに一般の人々のMicrosoftに対するイメージはWindowsとOffice, それに最近ではバソコンのSurfaceなどのPCおよびPCソフトウェアだと思いますがサティア・ナデラCEOに変わってからクラウドに邁進しているマイクロソフト。今年5月のMicrosoftの年次開発者会議「Build 2017」で打ち出した新しい構想「インテリジェントエッジ」に関する反響がメディアでも目につきます。
クラウド、バッグデータ、そしてIoTが本格化しつつある中での新しいITアーキテクチャで重要な役割をはたす「インテリジェントエッジ」およびMicrosoftの戦略についてご紹介します。

アウディの自動運転レベル3の実用化発表にみるAI技術の加速化(8/12)

7月11日のスペイン・バルセロナで開催されたアウディ・サミットでの新型アウディA8の発表の中で世界初の自動運転技術レベル3が搭載されることが発表されました。しばらく前に、ホンダが2020年までの高速道路での自動運転を実用化すると発表していましたが自動運転にともなう法整備なども待たずにどんどん企業の開発競争は加熱していきそうな様子です。自動運転のキーコンポーネントとなる画像認識を行うチップを含め、人工知能技術の最もホットな分野である自動運転における最新話題をオンラインメディアからピックアップして紹介します。

Googleの”AIファースト”で向かう先(8/5)

2017年5月17〜19日に米カリフォルニア州マウンテンビューの本社近郊で開いた開発者会議「Google I/O 2017」で、GoogleがAIを活用した新しいアプリケーションを相次ぎ発表しましたが、6月から7月にかけて、オンラインメディアでその内容を取り上げる記事がかなり見かけられましたのでピックアップして紹介します。昨年のThis year’s Founders Letterで これからの向かう方向として“AI ファースト”を鮮明にしたGoogle。人工知能を活用してユーザに最適な求人情報をかえすGoogle for Jobsも6月に米国内でサービス開始され、続々とAI技術を活用したサービスを展開するGoogleを紹介している記事をピックアップします。

AWSの最近の注目ポイントをオンラインメディアより(7/29)

AWS Summit Tokyo 2017から一ヶ月たち、AWS SummitのプレゼンテーションもYoutube上にそろい、AWS Summitのキーノートで最新のトピックスとして紹介されていたAIやAuroraに関する記事などもオンラインメディアで目につくようになっています。クラウドの旗手AWSに関する最近の注目されているポイントについてご紹介します。

IoTプラットフォームはどこが覇権をにぎる ? (7/22)

IoTは事例の紹介やセキュリティに関する議論などさまざまな記事をメディアでは取り上げられ続けていますが、最近、目につくようになってきたのが「IoTプラットフォーム」。IoTの活用シーンや狙う市場によってさまざまな範囲をカバーするIoTプラットフォームを各社が提案しています。アマゾンのAWSやマイクロソフトのAzureなどのクラウドメーカ提供のものだけでなく製造業向けのものをファナックが提供したり、発電所の運営向けに東京電力の関連会社が提供するもの、最近ではNECやソフトバンクもIoTプラットフォームを発表している。IoTビジネスのステージがプラットフォーム競争のステージにはいってきたのか? オンラインメディアの記事をピックアップして紹介します。

IT Japan 2017にみるIT・クラウドの向かう先 (7/15)

経営層はどのような視点でグローバル時代の「経営とIT」を考えるべきかを理念に日経BP社が開催しているIT Japan. 今年も、IT業界各社の社長をはじめてキーマンによるプレゼンテーションが多数行われました。IDC Japanの発表によると2016年の国内クラウドITインフラ市場は前年比17%増。着実に増えてきています。また、自動車を購入する際にネットで事前に情報を収集するようになったことにより、販売店に足を運ぶ回数が平均7.5回から1.5回になってきているなどIT・クラウドが起こしつつある変化、これからの向かう先が見えてくる数字の紹介なども含まれたプレゼンをピックアップして紹介します。

人工知能はいま具体的にはどのように活用されているか/活用できるか(7/8)

注目され続けている人工知能・AI。それでもメディアでの取り上げられ方のポイントがすこし変わってきているようです。最近は、やはり具体的にどのように活用されているかの事例紹介や、いま現在活用することができるのは、どのような取り入れ方であるのかという解説が増えてきているようです。アメリカのスタバでの使えば使うほどあなたの好みを理解してくれる「マイバリスタ」などオンラインメディアの中から、ピックアップしてご紹介します。

PAGETOP
Copyright © TechCrowd All Rights Reserved.