技術的な課題を解決できるオープンなプラットフォーム

関連サイト記事の紹介(アーカイブ no.3)

  • HOME »
  • 関連サイト記事の紹介(アーカイブ no.3)

過去の関連サイト記事の紹介です。

 

ITpro expo 2016にみるクラウド技術のトレンド(10/29)

10/19-21まで東京ビッグサイトで開催されたITpro expo、秋に開かれるIT系のイベントの中でも有数の大規模イベントです。当然ITproの中でも多数のレポートがされていますが、ほかのオンラインメディアでのレポートも含めて紹介しながら、今年のトレンドをみていきたいと思います。

 

Hadoopはまだまだ熱い (10/22)

10月26,27日の2日間にわたって、Hadoop Summit 2016 Tokyoが開かれるほか、Hadoopのパッケージ製品を開発しているビッグデータ関連で著名なclouderaのイベントであるCloudera World Tokyo 2016が開催されます。進化し続けているまだまだ扱いHadoop関連の最近のメディア掲載を紹介します。

 

FinTechのベースとなるビッグデータ技術(10/15)

フィンテック(FinTech)。金融(finance)と技術(technology)を組み合わせた造語であり、金融とITが相乗したサービスの総称ですが、二、三年前から急成長する新分野としてメディアによく取り上げられていると思います。最近でもさまざまなメディアに取り上げられていますが、ITメディアでの最近の取り上げられ方、特に技術面からの注目点などご紹介します。

 

IoTは本物か (10/9)

先週、CEATECも開催されたこともあってか、メディアでIoT関連が取り上げられるのが目につきます。IoTはクラウド、ビツグデータ、AIなどの技術進化をベースとしていますが、そもそもIoTは何で、どのように社会的にインパクトがあるのかわかりにくいものでもあり、そのあたりの解説記事の紹介も
含めて、ここ最近のIoT関連記事を紹介します。

 

ad tech tokyo 2016にみるアドテクノロジーのトレンド(10/1)

オンライン広告の世界のSSP,DSP,RTBなどのいわゆる「アドテク」からソーシャルマーケティング、コンテンツマーケティングまでデジタルマーケティングに関する最新情報を得られるイベントにみる
デジタルマーケティング分野でのビッグデータ分析技術の関わりと今後について感じられる記事を紹介します。

 

企業のハイブリッドクラウド展開の本格化(9/24)

クラウドという言葉が一般的になり、もともとのクラウドはパブリッククラウドと呼ばれることも多くなり、プライベートクラウドやオンプレミスと組み合わせてどのようなハイブリッドクラウド環境を構築していくのがよいのかというのが企業ITインフラに関する話題となっています。

 

分析するだけではなくなりつつあるAI活用(9/19)

今回のAIブームはまだまだメディアでの取り上げが終わりそうもありませんが、最近のメディア掲載から感じたAI活用分野の変化、AI活用分野の変化を感じさせる記事を紹介します。

 

noSQL DB活用の広がり (9/10)

MongoDB, Cassandra, Redisなど、さまざまなnoSQLのデータベースがITメディアなどでも紹介され続けているが、実際の業務の現場ではどの程度のシェアとなっているのか、今後の技術トレンドはどちらに向かっているのかなど、最新のnoSQL関連のトレンドを伝える記事を紹介します。

 

ビッグデータ活用はどこに向かっているのか (9/3)

バズワードではなくなった感のある「ビッグデータ」。しかし、単に消えていくトレンドではなく、着々と浸透しているようで、直近でもいろいろITメディアにも関連記事が取り上げられています。

 

AWS Summit Tokyo にみる大規模なデータ処理(8/29)

ことしのAWS Summit Tokyoの内容についてのまとめ記事の中から大規模なデータ処理基盤に関するまとめ記事をピックアップします。いくつかのまとめ記事でとりあげられている講演、イベントの中で繰り返し発信されていたキーワードなど。

 

今の人工知能ブームとディープラーニングについて(8/22)

最近、メディアで取り上げられることの多い人工知能・AIについて、その背景にあるディープラーニングと社会へのインパクトについて、わかりやすく解説している記事(@ITやTechCrunchなど)をいくつかとりあげながら説明します。

 

Apache Sparkのビッグデータ解析基盤における意義とインパクト(8/8)

最近、新しいビッグデータ解析基盤として「Apache Spark」が注目されています。ビッグデータの解析基盤としての”Hadoop”との違い、”Hadoop”と”Spark”の違い、用途によって使い分けることが可能なのか、Sparkが実現する一番大きなメリットは何かなど、わかりやすく解説している記事をとりあげながら説明します。

 

データサイエンスのいま - どこまで定着してどこまでいくのか – (8/1)

データサイエンティストという言葉がメディアを賑わしたのは2013年から2014年、しかし、Googleトレンドで「データサイエンス」というキーワードの検索トレンドをみると、毎年、着実に検索件数が増えていることからもわかるように、着実に広まりつつあります。

データサイエンティストとデータエンジニア向けのコミュニティイベント「Datapalooza Tokyo」のレポート記事(gihyo.jp)など、新しい分野であるとともに、境界領域の業務でもあるデータサイエンスの業務のあり方に関する模索が進んでいる様子などを説明します。

<このカテゴリで取り上げるサイト(例)

TechCrunch Japan

最近テクノロジーと新サービス・新規ネットのサービスを取り上げているテクノロジーメディア

@IT

IT技術者向けメディア。トレンドの新技術のわかりやすい解説特集なども

gihyo.jp

IT関連コンテンツサイト。やはり、トレンドとなっている新技術のわかりやすい解説特集をよく掲載

developers.io

AWSの保守運用構築などで知られているクラスメソッド社の技術ブログ。具体的な実装手順などがわかりやすくまとめてあります

AWS

次々と新しい技術・サービスを投入し続けるAWS。Webサイトでの製品解説からSlideShare上の解説スライド、AWS SummitプレゼンのYouTube公式チャネルでの動画など

PAGETOP
Copyright © TechCrowd All Rights Reserved.