• Amazon Redshiftクラスターは、リーダーノードとコンピューティングノードから構成されます。
  • リーダーノードは実行プランの作成とクライアントとの通信を担当し、コンピューティングノードは実行プランに従って処理を行います。
  • 各ノードは、専用のOS・メモリ・ディスクストレージを使って動作しています。

 

 リーダーノードとコンピュートノードで構成されるクラスター

Amazon Redshiftクラスターは、リーダーノードとコンピューティングノードから構成されます。

リーダーノードはクライアントから受け取ったクエリを解析して、実行計画を作ります。
作成した計画を実行するためにコンピューティングノードのスケジュールを管理し、実行結果をクライアントに返すのがリーダーノードの役割です。

コンピューティングノードはリーダーノードが作成した実行計画に従って、クエリの処理を行います。
実行結果はリーダーノードに送信し、クライアントと直接連絡することはありません。

 

 

ノードは専用のOS・メモリ・ストレージを持っている

クラスターを構成するノードは、それぞれ専用のOS・メモリ・ディスクストレージが割り当てられます。
ノードでは複数のプロセスが動作していますが、稼動しているプロセスの数はCPUコア数と同じです。

コンピューティングノードに割り当てられたディスクストレージは、複数のスライスに分割されて使用され、具体的なスライスの数はクラスターのノードサイズに応じて決まります。

 

 

 

ノードタイプ

各ノードで使用するCPU・メモリ・ストレージ容量などは、ノードタイプによって決まります。

ノードタイプは
・パフォーマンスへの負荷が高いワークロード用のSSD(ソリッドステートストレージ)ベースのDC
・大容量データ用のHDDベースのDS
の2種類です。

 

 

 

本サイト上に掲載されているまとめ記事が、毎週ステップメールで受け取ることもできます。

 

参考文献