ドキュメント型データベースは、自由な形式のデータを保存するデータベース

  • JSONやXMLなどの記述書式で書かれたデータが保存される
  • 比較的簡単にスケールアウトできる
  • 代表的なドキュメント型データベースには、MongoDBとDynamoDBがある

 

ドキュメント型データベースとは

ドキュメント型データベースとは、保存するデータ構造が自由なデータベースです。
一件分のデータはドキュメントと呼ばれ、JSONやXMLなどの記述書式で書かれたデータが保存されます。
容易にスケールアウトできるような構造をしたドキュメント型データベースが多いので、急なシステムの増強も可能です。

コンピュータの性能を向上させるスケールアップよりも、スケールアウトする方がコストは安く済むので、ドキュメント型データベースはコスト面でも有利なデータベースとなっています。

 

 

ドキュメント型データベースの利用形態

ドキュメント型データベースはJSONやXMLなどのデータが扱えるので、ログ分析・Webシステム・オンラインゲームなどの複雑なデータ構造を扱うアプリケーションに良く用いられます。
ドキュメント型データベースを用いる事で、アプリケーション開発を容易にする事が可能です。

 

 ドキュメント型データベースとリレーショナルデータベース

ドキュメント型データベース
・データを自由な形式で保存する(事前にテーブルの構造を決める必要がない)
・比較的簡単にスケールアウトできる
・データの整合性が保証されない時もある

リレーショナルデータベース
・データを表形式で保存する(事前にテーブルの構造を決めておく必要がある)
・簡単にスケールアウトできない
・常にデータが正しい事が保証される

 

代表的なドキュメント型データベース

代表的なドキュメント型データベースとしては、MongoDBとDynamoDBがあります。

MongoDBの特徴
・JavaScriptのJSONをもとにしたBSONでデータを保存する
・結合が出来ないので、結合が必要となる複雑な処理には向かない

DynamoDBの特徴
・ドキュメントの保存・クエリ・更新が可能
・AWS SDKを使うと、JSONドキュメントをDynamoDB に保存するアプリケーションが構築できる

 

 

本サイト上に掲載されているまとめ記事が、毎週ステップメールで受け取ることもできます。

 

 

参考文献