• Amazon Machine Learningの訓練は訓練用データ7割、評価用データ3割
  • 自動と手動のどちらでも、訓練の設定が出来ます
  • 二項分類、多項分類、回帰などの評価指標に基づて、訓練の評価が行われます

 

訓練用データと評価用データ

訓練用のデータだけを使っていたのでは、訓練用データだけに対応する機械学習システムとなってしまので、訓練用のデータだけではなく評価用のデータも使って訓練が行われるのが一般的です。

Amazon Machine Learningでモデルの訓練を行う際は、
・訓練用データは7割
・評価用データは3割
に分割されます。

 

 

訓練に関する設定

訓練の内容は自動と手動での設定が可能で、手動で設定する場合はrecipe画面にて詳細な設定が出来ます。

学習パラメータについても、
・モデルの最大サイズ
・パス数の設定
・正則化に関する設定
・評価の設定
などを設定する事が可能です。

これらの設定を行ってから、学習用のモデルの訓練が行われます。

 

訓練結果の評価

Amazon Machine Learningでは訓練が終了すると、評価が行われます。

訓練の評価は、
・二項分類
・多項分類
・回帰
などの評価指標に基づいたものです。

各評価指標を使って、学習モデルの目的や用途に応じた評価を行う事が出来ます。

 

 

 

本サイト上に掲載されているまとめ記事が、毎週ステップメールで受け取ることもできます。

 

 

参考文献