• Amazon Machine Learning(AML)は、完全マネージド型機械学習サービスです
  • 機械学習システムは、データソースなどの入出力をするために使うS3、RedShift、RDSと、Amazon Machine Learningで構成されます
  • さまざまな仕組みによって、可用性の高いシステム構成となっています

 

完全マネージドの機械学習サービス

Amazon Machine Learning(AML)は、機械学習を行うためのインフラストラクチャやワークフローなどが不要の完全マネージド型機械学習サービスです。

そのため、
・ハードウェアのプロビジョニング
・コンピュータの負荷の分散やスケーリング
・リソース間の依存関係の管理
などに配慮する必要はありません。

ユーザーは使用するデータを用意するだけで、機械学習を行う事が出来ます。

 

 

 

 

システム構成

Amazon Machine Learningを使った機械学習システムは、
・データソースなどの入出力をするために使うS3、RedShift、RDS
・学習モデルの構築を構築して予測を行うAmazon Machine Learning
から構成されます。
シンプルなシステム構成となっているので、手軽に利用する事が出来ます。

複数の予測を一度に行うバッチ予測をするために、AWS APIを使ったクライアントアプリケーションを利用する事も可能です。

 

 

 

 

可用性の高いシステム構成

・モデルのトレーニング、評価、予測などは、Amazonのデータセンターで実行
・AWSのリージョン別に、サービススタックレプリケーションが複数の施設に分散
・メンテナンスなどによるダウンタイムはない

などの工夫がされています。

そのため、サーバーの障害やアベイラビリティーゾーンの機能停止に対しても、万全の対策が施されています。

 

 

本サイト上に掲載されているまとめ記事が、毎週ステップメールで受け取ることもできます。

 

参考文献