• 予測を取得する方法には、バッチ予測とリアルタイム予測の2種類があります。
  • バッチ予測は、複数の予測を一度に取得する方法です
  • リアルタイム予測は、一つずつデータを送って問い合わせをして、予測を取得する方法です

 

学習結果に基づいた予測

用意にしたデータを使って訓練した結果が満足の行くものであった時は、実際に予測を行います。

Amazon Machine Learningでは学習結果に基づいた予測が、
・バッチ予測
・リアルタイム予測
の二種類の方法で得られます。

 

 

 

バッチ予測

バッチ予測は、複数の予測を一度に取得したい時に使う方法です。

バッチ予測を利用するには、予めデータをデータソースに変換し、予測結果を格納するためにS3のロケーションを確保しておく必要があります。

予測するための用意が出来ましたら、訓練モデルを評価した時と同じようにデータソースを選択して、予測を行います。

 

 

 

 

リアルタイム予測

リアルタイム予測では低レイテンシの環境において、一つずつ予測を行う事が可能です。

AWS CLIなど使ってAPIを利用して、予測を取得します。

学習モデルに入力データを送ってから、予測結果を問い合わせる事で、予測を得る事が出来ます。

 

 

 

 

本サイト上に掲載されているまとめ記事が、毎週ステップメールで受け取ることもできます。

 

 

参考文献