• 機械学習とは、データから学習して将来の予測をするシステム
  • クラウド型機械学習サービスが提供されるようになって、利用しやすくなっている
  • 機械学習を利用する時は、未知のデータへの対応や精度について注意する必要がある

 

データを分析して将来の事を予測する機械学習

機械学習とは全ての処理をプログラムに依存せずに、得られたデータから学習して将来の予測をするシステムです。
データを分析して新たな関係性を見出すデータマイニングの手法として、注目を集めています。

機械学習の応用分野としては、
・ネットワークへの不正侵入の検知
・パターンマッチングや画像の認識
・有効な価格設定モデルの提案
・テキストを分析して消費者の感情を分析する
・設備不良の発生などに関する予測
など多岐に渡ります。

 

 

 

 

手軽に機械学習が利用出来るクラウド型サービス

機械学習をビジネスに組み込むためには、
・ビジネスの内容を理解して、目的とゴールを設定する
・分析対象となるデータの特徴を理解する
・機械学習に使うデータの準備
・規格学習を行ってデータモデリングを作成する
・作成したデータモデリングの評価
・機械学習を利用してビジネスを行う
といった一連の作業が必要とされます。

従来は、このような作業を行うために機械学習についての知識と技術を持った人材が必要とされましたが、複数の企業からクラウドで機械学習サービスが提供されるようになって、手軽に機械学習が利用出来るようになっています。

 

 

機械学習を利用する時の注意点

将来について予測する機械学習は大変有望なツールとして期待されていますが、
・未知のデータへの対応能力
・機械学習の精度
などについて、理解しておかなくてはなりません。

機械学習は大規模なデータを分析して、その結果から将来の事を予測するので、未知のデータに対しては有効な予測をしにくい傾向があります。

機械学習の精度は、
・適切ではないデータを使用してしまう偽陽性
・使用するべきデータを捨ててしまう偽陰性
などの問題によって、100%とはならない事に注意が必要です。
機械学習も必ず間違う訳ですから、その対策を立てておかないと、大きな損失の発生する可能性が出て来ます。

しかし、このような機械学習の課題について十分な理解をして対応策を検討しておけば、適切な予測を利用してビジネスなどで大きな利益を得る事が出来ます。

 

 

 

 

本サイト上に掲載されているまとめ記事が、毎週ステップメールで受け取ることもできます。

 

参考文献