• Amazon Kinesis Streamsは、使ったリソースについての料金を支払うだけです
  • シャード、PUTペイロードユニット、データの保持期間延長などを使って、料金計算されます
  • 料金が請求されない部分もあります

 

Kinesisの料金体系の概要

Amazon Kinesis Streamsは、使ったリソースについての料金を支払うだけなので、前払い金や最低料金はありません。

具体的な料金は、
・シャード
・PUTペイロードユニット
・データの保持期間延長
を使って計算されます。

 

 

 

 

Kinesisの料金に関する詳細な内容

 

シャード
Amazon Kinesisのストリームのスループット単位が、シャードです。
1時間にストリーム内で使用するシャード数に応じて、料金が決まります。

PUTペイロードユニット
PUTペイロードユニットについては、100 万件ごとに料金が請求されます。

データの保持期間延長
Amazon Kinesisではデータを24時間保存していますが、最長7日間までデータの保持期間を延長する事も可能です。但し、保持期間を延長すると、シャード時間に対する料金が発生します。

 

 

 

 

料金が請求されない使い方

・Amazon Kinesisストリームから送信されたレコードの取得
・データの生成元からAmazon Kinesis Streamsへの転送
・Amazon Kinesis Streamsから他のKinesisアプリケーションへのデータ転送
については、無料となっています。

Amazon Kinesisの無料で使える部分を活用する事で、コストを抑えてストリームデータ処理を行う事が出来ます。

 

 

本サイト上に掲載されているまとめ記事が、毎週ステップメールで受け取ることもできます。

 

 

参考文献