• デバイスデータに対するさまざまな処理を簡単に実現する仕組み
  • (例) センサデータをKinesisを経由してエンタプライズアプリケーションへ
  • (;例) デバイスデータをIoTからAmazon SNSを経由してスマホにプッシュ通知

 

デバイスデータに対するさまざまな処理を簡単に実現する仕組み

AWS IoTでは、「ルールエンジン」に定義したビジネスルールに基づいて、デバイスデータを迅速にフィルタリング、変換、活用することができます。各種処理は、AWS Lambda、Amazon Kinesis、Amazon S3、Amazon Machine Learning、Amazon DynamoDB、Amazon CloudWatch、および Amazon Elasticsearch Service といった AWS の各種サービスを呼び出すことにより実行させます。

各種AWSのサービスには、「ルールエンジン」がAWS IoTにPublishされたメッセージを評価し、ルールに基づいて配信されます。

また、Amazon Kinesis、AWS Lambda、Amazon S3などのサービスを経由して、外部のエンドポイントを呼び出すことも可能です。

 

(例) センサデータをKinesisを経由してエンタプライズアプリケーションへ

  • 各種デバイスからのセンサデータをIoTにて受信
  • ルールエンジンにて、受信したセンサデータへのフィルタリングおよびデータ変換を実施
  • AWS Kinesisにストリームデータとしてパブリッシュ
  • Kinesisで収集されたデータをデータベースやBIなどの分析アプリケーションに転送

 

 

(例) デバイスデータをIoTからAmazon SNSを経由してスマホにプッシュ通知

  • 各種デバイスからのデータやイベント通知をIoTで受信
  • スマホに通知すべき条件判定をIoTのルールエンジンにて実行
  • 通知条件に合致する場合には、Amazon SNSを経由して、アップル社APNS、Google社のGCMに
    配信リクエストを送信することにより、スマホへのプッシュ通知として、デバイスのデータやイベントの通知を実現

 

 

 

本サイト上に掲載されているまとめ記事が、毎週ステップメールで受け取ることもできます。

 

 

参考文献