• マネジメントコンソールでの作業手順
  • デバイスの作成からデータを受信できるまで
  • AWS IoTへの各種アクセス方法

 

AWS IoTを使うための手順

1) デバイスの作成
まずは、「Register -> Things」メニューの中の、 Register Thingsを選択して、デバイスを作成します。名称を指定して登録すると、AWS IoTの中にその名称のThingsおよびシャドウが作成されます。
その次に、そのデバイスのRuleを設定します。Ruleとは、どのデータに対してどういう条件のときにアクションを実行するかを決める情報です。

2) 証明書の作成
次にデバイスに登録する証明書を作成します。「Security -> Certificates」メニューの中の、Create a certificatesを選択して、証明書を作成します。

3) ポリシーの作成
次にデバイスに対して、AWS IoTの各種操作を許可するためのポリシーを作成します。全ての操作を許可するのか、一部の操作だけを許可するのか、許可する操作の定義です。「Security -> Policies」メニューの中の、Create a policyを選択して、ポリシーを作成します。

4) 証明書にデバイスとポリシーを割り当てる
作成した証明書とポリシーを関連づけします。証明書を作成した後に、「attach a policy」を選択して、関連付けしたいポリシーを設定、「attach a thing」を選択して割り当てしたいデバイスの設定をします。

マネジメントコンソールの設定は以上です。

 

 

デバイスの作成からデータを受信できるまで

AWS マネジメントコンソールは、Amazon IoT リソースのすべてにアクセスして管理するためのウェブベースのインターフェイスを提供しますが、プログラムから AWS IoT へのアクセスは、AWS CLI と AWS SDK を使用して有効にできます。

ハードウェアデバイス、センサー、モバイルアプリケーション、モノを接続するには、AWS IoT デバイス SDK を使用します。AWS IoT に接続が実装された AWS スターターキットから 1 つ選択します。それに加えて、AWS IoT は、幅広い種類のサードパーティ製のツールおよびゲートウェイでサポートされています。

AWS IoTデバイスSDK
AWS IoT デバイス SDK にはオープンソースライブラリ、サンプルの付属した開発者ガイドおよび移植ガイドが含まれているので、お客様の選択したハードウェアプラットフォームに革新的な IoT サービスを構築できます。

証明書と秘密鍵
マネジメントコンソールで作成した証明書と秘密鍵は、マネジメントコンソールからダウンロードしてデバイス側に設定します。

以上の作業で、デバイスからのデータのpublish/subscribeが可能となります。

 

 

 

AWS IoTへの各種アクセス方法

AWS IoT サービスには AWS マネジメントコンソール、AWS SDK、AWS CLI、AWS IoT API を使用してアクセスできます。接続されたデバイスからは AWS IoT デバイス SDK を使用して AWS IoT サービスと簡単に通信できます。
AWS IoT API およびコマンドは、コントロールプレーンオペレーションと、データプレーンオペレーションに大きく分かれています。コントロールプレーンオペレーションでは、セキュリティの設定、デバイスの登録、ルーティングデータのルールの設定、ログ記録の設定などのタスクを実行することができます。データプレーンオペレーションでは、接続されたデバイスから AWS IoT へ大規模に低レイテンシーかつ高スループットレートでのデータ取り込みを可能にします。

 

 

 

本サイト上に掲載されているまとめ記事が、毎週ステップメールで受け取ることもできます。

 

参考文献