• AWS DirectConnectは、アマゾンの専用回線です
  • DirectConnectには、一貫性のあるネットワークパフォーマンスを実現したり、全てのAWSにアクセス可能であるなどの特徴があります
  • AWS DirectConnectの接続方法には、占有プランと共有プランの2種類があります

 

既存システムとAWSを接続する方法

AWSと接続する方法として、

・一般的なインターネット回線
・専用の暗号化機器を使用してインターネット回線を、仮想のプライベートネットワークとして利用するIPsec VPN
・アマゾンが用意する専用の回線を使って直接接続するAWS DirectConnect

の3種類の選択肢があります。

どの接続方法を使ってもAWSの豊富なサービスが利用出来ますが、DirectConnect はAWSのサービスを快適に利用するための環境を提供してくれます。

 

 

 

AWS DirectConnectの特徴

AWS DirectConnectには、次のような特徴があります。

一貫性のあるネットワークパフォーマンス
・データのルーティングの設定が出来るので、計画的にAWSを利用する事が可能となります

全てのAWSにアクセス可能
・Amazon S3、Amazon EC2、Amazon VPCなどの全てのAWSに、AWS DirectConnectを使ってアクセスする事が出来ます

Amazon VPCへのプライベート接続
・AWS DirectConnectによって オンプレミスネットワークとAmazon VPCを直接接続するプライベート仮想インターフェースが確立出来ます
・複数のVPCによる複数の仮想インターフェイスも使用可能

通信速度が選択出来る
・1Gbpsと10Gbpsのどちらかを選べる

コストの削減が可能
・直接AWSと通信する事で、インターネットサービスプロバイダの使用を減らしてコストを削減する
・AWS Direct Connectのデータ転送料金が適用される事で、AWS の利用料金を減らす事が出来ます

 

 

 

 

DirectConnectの接続方法

AWS DirectConnectの接続方法には、占有プランと共有プランの2種類があります。

占有プラン
・AWSまでの物理接続を占有する
・自由に論理接続を作成出来る
・高コストになるが、論理接続数が多くても料金は変わらない

共有プラン
・AWSまでの物理接続は、キャリアが所有して管理する
・論理接続の数に応じて課金される
・低コストであるが、論理接続数分のコストが必要となる

 

 

 

 

 

本サイト上に掲載されているまとめ記事が、毎週ステップメールで受け取ることもできます。

 

 

参考文献