• AWSのVPCには、直ぐに使えるDefault VPCが用意されています
  • Default VPCは、作成した時期によってサポート内容に違いがあります
  • Default VPCと独自に作成したVPCにも違いがあります

 

Default VPCとは

AWSのVPCには、直ぐに使えるDefault VPCが用意されています。

Default VPC作成時に、
・サブネット
・インターネットゲートウェイ
・セキュリティグループ
・メインルートテーブル
・ネットワークアクセスコントロールリスト(ACL)
・DHCP オプションセット

などが自動的に設定されるので、ユーザーが設定する必要がありません。

 

 

 

 

Default VPCの作成時期によるサポートの違い

Default VPCは、作成した時期によって、サポート内容に違いがあります。

2013年12月5日以降にAWSアカウントを作成した場合
・EC2-VPCのみサポート
・AWSのリージョンごとに、Default VPCが作成される

2013年3月18日~12月4日までにAWSアカウントを作成した場合
・基本的には、EC2-Classicのみサポート
・使った事のあるAWSのリージョンについては、EC2-ClassicとEC2-VPCがサポートされる事もある

2013年3月17日以前にAWSアカウントを作成した場合
・使った事のあるAWSのリージョンでは、EC2-VPC とEC2-Classicをサポート
・使った事がないAWSのリージョンは、EC2-VPCだけをサポート

 

 

 

 

Default VPCと独自に作成したVPCの違い

Default VPC以外にもVPCを作成する事が出来ますが、Default VPCと独自に作成したVPCにはいくつかの点で違いがあります。

Default VPC
・各種の設定が行われている
・インターネットゲートウェイが含まれる
・デフォルトのサブネットがパブリックサブネット
・デフォルトのサブネット内のインスタンスは、プライベートIPアドレスとパブリックIP アドレスを持つ
・直ぐにインターネットに接続出来る

独自に作成したVPC
・ユーザーが設定を行う
・インターネットに接続するにはインターネットゲートウェイにアタッチして、インスタンスにElastic IPアドレスを関連付けるなどの操作が必要

 

 

 

 

本サイト上に掲載されているまとめ記事が、毎週ステップメールで受け取ることもできます。

 

 

参考文献