• クラウドサービスとオンプレのシステムのセキュリティを比較すると、クラウドサービスの方が十分なセキュリティ対策が施されている
  • クラウドサービスの行政への対応や暗号化の状況なども、確認しておく必要がある
  • 複数のクラウドサービスにデータを分散させて保管する事で、より安全に利用出来る

 

セキュリティ面のクラウドとオンプレのシステムの比較

クラウドサービスとオンプレのシステムのセキュリティを比較すると、クラウドサービスの方がセキュリティ面への配慮がされています。

クラウドサービス
・顧客へのサービス提供が本業なので、セキュリティに十分な注意をしている
・問題がないかを常時監視している
・最新のセキュリティ対策を積極的に導入している

オンプレのシステム
・本業とは別にシステム開発をしているので、セキュリティ面にまで注意が行かない
・セキュリティ費用が、十分ではない

このように比較してみると、クラウドサービスの方が安全に利用出来る環境が整っていると考えられる面もありますが、クラウドサービスを運営する企業ごとにセキュリティに関する考え方や対応策が異なっているので、サービスを利用する前に具体的な内容を調べておく必要があります。

 

 

 

 

誰がデータの権限を持っているか確認する

クラウドサービスのセキュリティ面を比較する時は、クラウド上のデータの権限が誰にあるのかも確認する必要があります。

データの権限がクラウドサービスの運営者にあれば、大きな問題が発生した時の行政による情報の開示要求に応じるかもしれません。
行政がデータを見に来る事など極めて稀な事態ですが、もしもの時の事も考えておく必要があります。

セキュリティをより確かなものにするには、クラウドサービスの運営者が作成する年間報告書を読んで、
・行政への対応
・暗号化の状況
なども確認しておくとよいでしょう。

 

複数のクラウドサービスにデータを分散する

クラウド環境を利用する時にセキュリティを強化するには、データを分散させて保管するのも有効な方法です。
複数の場所にデータを保管しておけば、一か所のデータが危険に状態に陥っても、他の場所にあるデータは安全に利用出来ます。

しかし、個人のミスやハッカーによる攻撃によって、情報漏洩などが起きる可能性は否定出来ないので、常にセキュリティ面に細心の注意を払う必要があります。

 

 

 

 

本サイト上に掲載されているまとめ記事が、毎週ステップメールで受け取ることもできます。

 

 

参考文献