• OLAP(Online Analytical Processing)とは高速で処理するシステムを意味し、経営管理や財務諸表の作成などの企業活動に使われています。
  • OLAPは、RDBを使って多次元データモデルを構成するR-OLAP、多次元データを分析するためのデータベースであるM-OLAPの2種類に大別出来ます。

 

OLAPとは

OLAP (Online Analytical Processing)とは複雑な分析を高速で処理するシステムの事で、BIの分野では重要な技術となっています。

OLAPの特徴は、
・多次元のデータを操作出来る
・複雑な分析が可能である
・高度な分析でも素早い応答が可能である
などです。

OLAPは、
・経営管理
・市場の分析
・財務諸表の作成
などに企業活動に用いられています。

 

 

OLAPの種類

OLAPは、R-OLAPとM-OLAPに分類する事が出来ます。

R-OLAP
・RDBを使って多次元データモデルを構成
・スケーラブルなために、任意のサイズのシステムが構築出来る
・パフォーマンスが悪化する事がある

M-OLAP
・多次元データを分析するだけに作られたデータベース
・処理速度が速い
・扱うデータの量が少ない処理に向いている

 

 

 

本サイト上に掲載されているまとめ記事が、毎週ステップメールで受け取ることもできます。

 

参考文献